十一月の赤福朔日餅はゑびす餅

三重県伊勢市にある赤福。

伊勢には毎月一日に神宮へ参る「朔日参り(ついたちまいり)」があり、
無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、新しい月の無事を願い、
この朔日参りのお客様を「朔日餅(ついたちもち)」でお迎えします。
(朔日餅の説明から。)


毎月変わる朔日餅、十一月は、ゑびす餅。

十一月は商売繁盛を祝うまつり
ゑびす講のある月。
商いの神ゑびす様にちなみ「ゑびす餅」は、
幸運を招く打ち出の小槌と、
黄金色の小判に見立てました。
黒糖と柚子二つの風味をお楽しみください。

包み紙は伊勢千代紙
京の宮中や江戸の大奥ではじまった千代紙は
やがて伊勢型紙によって友禅や小紋のうつくしい
紋様を刷るまでに成熟しました。
月ごとの朔日餅を伊勢の文化「伊勢千代紙」で
つつみ、あなた様ご一家の千代の繁栄をお祈りします。




十一月の包装紙の説明。
豊年万作の感謝の喜びが画面いっぱいに
満ち溢れた徳力富吉郎先生の作でございます。






左側が小判の柚子、右側が小槌の黒糖。 中はこしあんでした。







稲穂と絵葉書が入ってました。




三重県伊勢にある赤福本店と、三重県の東名阪自動車道
EXPASA御在所上り線赤福茶屋のみ、
毎月変わるお茶と一緒に朔日餅が召し上がれます。

三重県の近鉄四日市店、EXPASA御在所上り線赤福茶屋、
名古屋市内の百貨店、大阪、神戸市内の一部百貨店、
伊勢赤福本店と本店以外の伊勢市内の場所で
毎月1日限定で購入可能。
事前予約したほうが確実に購入できます。

十二月は雪餅 一月は未発売。

RSSを設定しました。
出てきたURLをRSSリーダーへ登録していただくと
このブログの更新情報が受け取れます。

0 件のコメント :

コメントを投稿